森の学校を卒業されたお子さんや保護者の皆さまより、森の学校での日々を振り返っての感想をいただきました。

 

<2018年度卒業 Hさん親子>

私が一番楽しかったのは家づくりです。

お父さんもお母さんもお姉ちゃんもきて一緒に家を作りました。

おもちを投げるときに友達も来てくれました。

先生方、ありがとうございました。

 

現在中1の兄が、森の学校でお世話になりました。

あの頃とは違うところも森っぽいなと感じることもある今の森・・。『温故知新』先輩方が築きあげた伝統を守りながらも新しいことを取り入れてこれからも発展していくことを願います。

さんさんとのご縁が本当に大きかった1年でした。親子で本当に貴重な経験をすることができました。

途中転入の我が子を受け入れて可愛がってくださった先生方、在校生、同級生のお友達、そして同級生の保護者の方々、いつも優しくしてくれてありがとう。本当にお世話になりました。 

 

 

<2018年度卒業 Hさん親子>

森の学校の思い出は家づくりをしたことです。

力仕事がいっぱいあったので大変だったけど楽しかったです。

完成させた家の中でみんなでお弁当を食べたのがいちばん心に残っています。

先生、お父さん、お母さん、3年間ありがとうございました。

 

息子が4歳くらいの頃にシュタイナー教育に出会い、学べる場所を色々と探しましたが我が家からはどこも遠く、鵜の木の森の学校のことを知り、入学をとても楽しみにしていたのがついこの間のような気がします。

在校生の保護者の皆さま方も暖かく迎えてくださり、入学してすぐ自然塾にも誘っていただき、親子共々とても楽しい思い出になっております。

さんさんくらぶさんとの素敵なご縁にも恵まれ田植え、稲刈り、お餅つきなどの貴重な体験もたくさんでき、家づくりなどを通してこれからの息子の成長の糧になってくれたらと思っております。

先生方、運営の皆さま、OB,OGの皆さま、在校生の皆さま3年間、本当にありがとうございました。

これからは素敵な森の学校がいつまでも存続できますよう陰ながら応援させていただきたいと思います。

 

 

<2018年度卒業 Sさん親子>

僕が、一番楽しかったことは、餅つきです。

僕は、米を蒸すのに夢中で、2回しかついていないし、5個くらいしか食べていないけど、美味しかったです。僕が一番好きなのはきなこもちです。また食べたいです。

2年生で楽しかったことは、九九の魔法陣です。

3年生で楽しかったことは、家づくりで、餅つきと同じくらい楽しかったです。

在校生のみなさん、これからも森を楽しんでください。

 

盛りだくさんの、この最後の1年を無事乗り切ることができて、心底ほっとしています。

運営を預からせていただきましたが、自分の苦手な部分、至らない部分も他に誰か得意な方、できる方がいて、色々な方がいて補い合って、全体としてうまく回るものなんだ、と実感できた1年でした。

教師会の先生方、OG含む保護者のみなさん、本当にありがとうございました。

長男にとっても、長い人生の中の、実りの多い大切な3年間になったと信じています。

まだ合歓の里に出没するつもりでいますので、よろしくお願いいたします。

 

<2017年度卒業生 保護者Oさん>

長男から数えて何と!8年、森の学校にお世話になりました。

森を吹き抜ける風のごとく、あっという間の日々でした。サポートする親としては大変なこともありましたが、色々な意味で私自身をも成長させてもらいました。様々な大人たちの支えがあって、子供たちはすくすく大きくなることができるのだと思います。森を卒業しても、子供たちが立派な大木になるまで、皆で見守っていければいいな。宿り木になってくれた森の学校、ともに学んだ子供たち、お世話になった先生方、お母さまお父さま方、皆さまに感謝感謝です。ありがとうございました!